精神科の医師に処方された抗うつ剤は用法用量を守り服用しましょう

神経伝達物質を整える

耳を塞ぐ女性

うつ病の治療には、抗うつ剤などを使用した薬物療法があります。薬物療法は人によって合う、合わないがあるので、処方された薬で身体に影響が出た時は、早急に担当医師に相談して薬を変えてもらうことが重要です。一言に抗うつ剤といっても、100種類以上もの抗うつ剤が存在します。それぞれの抗うつ剤は、うつ病の症状や患者さんによっても使用されるものは変わってきます。気持ちが落ち込む、悲観的な考えがずっと続いてしまうようなうつ病には、脳内の神経伝達物質であるセロトニンや、ノルアドレナリンの働きに作用し、神経伝達を高める効果が期待できます。脳内に存在するノルアドレナリンを抗うつ剤で増加させる効果があり、このノルアドレナリンが増加することで意欲を高めることができます。何もやる気が起きない時や、身体の倦怠感が抜けない時などに効果を得ることができます。さらに、抗うつ剤によってセロトニンを増加させることで、うつ病の特徴の1つである漠然とした不安感を和らげることができます。さらに、精神科で処方される抗うつ剤には、神経伝達物質を整えることで強い不安感や緊張感を和らげることで、気分を安定させる効果の抗うつ剤もあります。アナフラニールという抗うつ剤には、子供の尿失禁の治療にも用いられることがあります。アビリット、ミラドールといわれる抗うつ剤は、胃腸の粘膜や血流改善にも効果があり、十二指腸腫瘍も改善します。抗うつ剤は、うつ病だけの治療に用いられるだけではなく、その他の病気にも服用されます。また、脳内には様々な神経伝達物質が存在していて、それらが複雑に絡み合っています。うつ病は、その神経伝達物質の働きがおかしくなってしまうことで起こります。脳内の神経伝達物質の働きを、抗うつ剤によって整えることで、うつ病の症状を緩和させることができるのです。

うつ病の症状には、様々なものがあります。とにかく毎日悲観的な考え方が頭の中を巡ってしまう場合もあります。失敗したことの原因が自分だけにあるのではと、不安な気持ちがずっと続くのもうつ病といわれています。うつ病には軽度なものから重度なものまで、様々な症状がありますが、精神科の医師から処方される抗うつ剤を服用することで、うつ病の治療には時間はかかるといわれていますが通常通りの日常を送ることができます。抗うつ剤の服用に抵抗がある人も多いですが、脳内の神経伝達物質のセロトニンなどの働きを助けるのが抗うつ剤です。精神科の医師の説明をしっかりと聞いて、抗うつ剤を服用しましょう。もしも自分で管理するのが難しい場合は、家族に管理を任せるといいでしょう。